あなたは、老後どんな仕事をして生計を立てますか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者の働くことに対する意欲が高いのと、年金だけでは理想の生活ができないと言う現状があります。

個人事業を教えるセミナーに参加すると、たくさんの高齢者が見受けられます。
口をそろえて言うのは、年金だけでは、十分な暮らしが出来ないと言うことです。

会社に頼らなくても生きて行けるように、早くから、考えて、行動して、自分ができる個人事業を見つけて、実行する方が将来につながると教えられます。

今、働き盛りで、それどころではないと、真剣に将来の自分の理想像を考えない人は、気づいたときには、遅すぎるのかもしれません。

そうでないと、たくさんの高齢者がセミナーに来ないと思います。
切羽詰まってから、やっと、重い腰を上げて行動するのでは、遅いのです。
将来、そうならないように、今、どう考えて、行動するかが大切な時代です。


そんなあなたに朗報があります!

初心者でも、手軽に、資金なしで、行える副業があります。
手間をかけずに、簡単に、パソコン1台で、ご自宅でできる、しかも、継続できるビジネスがあるのです!

あなたは、小さい頃に日記を書いたことがあると思います。
その位の分量で、商品や、サービスなどの体験談や、口コミ、あなたが知っていることを書き出すと、報酬が得られる口コミライターの募集です。




簡単な文書を、350文字書くごとに、70円がもらえます。
Wordの1行が、40字ですから、9行を書けば、お金がもらえます。

口コミライターとは、テーマに基づき、 投稿フォームに、体験談や口コミ、知っていることを投稿するだけで、 原稿料がもらえるサービスです。
・自分が、体験する前と後では、どう変わったか?
・何が得られたのか?
・どんなリスクを避けることができたのか?
など人に伝える役割を果たす文書ですので、多くの方が比較的書きやすい内容です。

これから、購入を検討している方に向けて、その人の将来像が思い描きやすくするための文書ですから、自分が得た感覚を、そのまま簡単な文書で表現するだけです。

この口コミライターは、プチライターとして副収入を得ることができるので、とても人気が高いサービスです。

しかも、ライティングは書けば書くほど、上達しますので、時間をかければ、かけるほど楽に稼げるようになります。

さらに、あなたの書いた文書の評価が上がれば、報酬アップする案件もあります。
これって、ちょっとしたボーナスのようなやりがいですよね!

まずは、登録して、どんな案件があるのかを、見てみましょう。
案件は多彩なジャンルに存在するので、きっと、あなたが今まで経験したことに基づいて、楽に書ける案件が見つかるはずです!


スポンサーサイト

会社は、お前の将来の事なんか考えてない。

会社は、自分の将来の事なんか考えてくれません。

むしろ、存続するために、人件費を減らすことを考えています。

人口減少、ロボット化、アウトソーシング化で、国内の職場は減る一方です。

先日、吉本興業が、47都道府県に、「住みます芸人」を、送り出して、活動の場を増やし、さらに、海外にまで、派遣活動をしているニュースを見ました。

これまで大手企業は、地方にまで、手を伸ばしてきましたが、地方は個人商店が減り、もう奪う仕事がないありさまです。

早い時期に、自分で生計を立てられる仕事にありつくより他しょうがないですよね。

60歳になったら、契約社員ですからね。

これからは、内需よりも、外貨を取るビジネスに切り替えないと、売上低下は避けられないと思います。

知識・スキルの販売サイト【ココナラ】

最近、副業を認める会社が増えています。

会社が副業を認める代わりに、60歳以降、どうするのか、各自考えてほしいと言う意味合いが、含まれています。
キャッシュポイントは、複数あるのが、当たり前の時代になりつつあります。

会社に頼らずに、自力でお金を稼ぐ能力が求められる時代がきています。
昭和の高度成長期に代表される大量生産、大量消費の時代は終わりました。

大人数の会社組織で行う事業よりも、個人レベルで継続できる事業を持つか、持たないかで、老後が大きく変わります。

人口が増加傾向にある消費者が過多の今までは、集団で仕事をするスケールメリットはありましたが、商品が普及し、今や売れる物は何かをマーケティングしないと、生産しても買ってもらえない状況です。

これまでとは全く異なる自分だけが頼りの時代がやってきたのです。

在宅ワーク・情報ステーション

あなたは、プロ野球選手のように、もし、会社から戦力外通告をされたらどうしますか?

政府主導で、定年が65歳まで、延期されましたが、事実上、60歳からは、契約社員になっている事実をあなたは知っていますか?

誰もがご存知のとおり、日本の人口は減少しています。
それに伴い、購入者も減少します。
日本国内だけで考えていたら、会社の売上が減少傾向にあると言うことです。

もし、売上が下がったら、会社は、今の給与水準を維持することが出来なくなります。

会社が将来どうなるかはわかりません。
合併するかもしれませんし、人口減少地域の地場産業は倒産するかもしれません。

オーナー企業なら、家族を首にはしません。
家族以外の方が、退職せざるを得ません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。